カテゴリー「【日本時代】02.グロービス」の12件の投稿

2011年5月28日 (土)

社外研修成果発表会の記録 02リフレクション(愛の公開処刑を越えて)

発表を終えた後の「質疑応答」は、一瞬の沈黙の後に社長が言葉を切り出しました。

それはまさに愛の公開処刑。
内心「みたか!」ばりの満足感に浸っていた僕に冷水を浴びせるもので、聞きながら冷や汗がダラダラ出ました。
しかし、いずれも述べられる言葉は正論でした。

反省して浮かんでくる教訓は、いずれもダメプレゼンの事例として聞くものばかり。
やれやれ、まったく、やってみないとわからないものです。

続きを読む "社外研修成果発表会の記録 02リフレクション(愛の公開処刑を越えて)" »

2011年5月26日 (木)

社外研修成果発表会の記録 01スピーチの紹介

去る2011年5月20日、社外研修成果発表会を行いました。

僕は会社の制度の一環としてグロービスに通っていました。
修了後の発表会までがプログラムとして規定されているのです。

独創的なものにしたいと、以前から考えていました。
僕の学びはグロービスだけではありませんから、それらも盛り込みたいと受講中からアレコレ考えていました。
ただ学んだ内容をなぞるだけの発表会だけにはしたくなかったんです。

しかし・・・発表会を終えて振り返ると、話題が拡散しすぎていたようです。
メッセージについても、参加者の幅広さに対応できるものではなく、結果としては「・・・それで?」というものに。

反省して浮かんでくる教訓は、いずれもダメプレゼンの事例として聞くものばかり。
やれやれ、まったくやってみないとわからないものです。


発表会の様子を、下記2つのエントリーに分けてまとめました。

1)成果発表会の様子
2)質疑応答でのやりとりと、リフレクション

また、前掲のとおり当エントリーで実際に使用したデータを参照することができます。
「読ませる」プレゼンではないので、ただシートを見るだけでは内容を読み取ることはできませんけれど。

続きを読む "社外研修成果発表会の記録 01スピーチの紹介" »

2011年4月 2日 (土)

グロービス振り返り:DAY6

グロービス『リーダーシップと人材マネジメント基礎』のDAY6を終えました。

地震の影響でDAY5は中止(4月、7月コースに振替可能)となったことは残念でしたが、とうとうグロービスのコースが終了となりました。
地震に関わる業務が増え、満足に予習もできないなかの参加となったことも残念でした。

しかし、それ以上にDAY6に関して強く印象が残ることが2点あります。

それは、「振り返りアサインメント」というレポートを作成するにあたっての内省が非常に苦しい工程であったこと。
もう1つは、DAY6の大きな柱となる「組織改革」について、果たして自分は以前に「自分改革」が充分に行えていたのか?という強い疑問でした。

続きを読む "グロービス振り返り:DAY6" »

2011年3月 1日 (火)

グロービス振り返り:DAY4

グロービス『リーダーシップと人材マネジメント基礎』のDAY4を終えました。

今回のテーマは「評価(成果主義)」と「育成(早期幹部育成)」です。
DAY3からマクロ(チームや組織)にシフトしており、人事制度の一領域がテーマです。

僕の会社では4月から人事評価制度が刷新され、成果主義が導入されます。
部署ごとの説明会がタイミングよく実施されることもあって、今回のグロービスの予習に熱が入りました。

一方で、DAY3振り帰りにも少し書いたけれど、学びに能動的でない人が気になって仕方がなかったのでした。

続きを読む "グロービス振り返り:DAY4" »

2011年2月13日 (日)

グロービス振り返り:DAY3

グロービス『リーダーシップと人材マネジメント基礎』のDAY3を終えました。

今回のテーマは「組織構造」と「プロジェクトチームの運用」。
これまでのミクロ(人とのかかわり)から、ややマクロ(チームや組織)な学びに推移しています。
僕の実務経験ではミクロは様々経験していますが、マクロへのアプローチはせいぜい「チーム」レベルにとどまります(妄想は日々していますが)。

今回の授業は、(テーマに関しての)学びの少ない場でした。
なぜそうなってしまったのか、うまくまとめることができません。レクチャーにおける解説が、表面的なものに感じられたのです。もちろん細かな点については「そうだよな」とうなずく場面もあるのですが、全体を振り返ると希薄だったというか・・・。それは「正解はひとつじゃない」ということが問題ではないように思いました。
いったい、何が原因だったんだろう。時間の不足?アクティビティの選択の誤り?それとも自らの経験不足が理解の質を高められないのか・・・?

学びの場を設計するスキルを高めるためには、このことをより深く振り返ることが必要ですが・・・・今回のエントリーではそれは語りません。
またテーマとも異なる、授業中に感じたことをまとめます。

続きを読む "グロービス振り返り:DAY3" »

2011年2月 6日 (日)

グロービスDAY2.5 勉強会振り返り「設計」02 (プログラムFLASH形式あり)

2月5日(土)、麹町のグロービス 自習室にて勉強会を行いました。
「勉強会の設計」、「勉強会の実施」、「勉強会の振り返り」と分けて、そのプロセスを振り返ります。

まずは、勉強会の基点となる「設計」について振り返ります。

勉強会のファシリテーションに名乗りを上げたこと、もともと勉強会設計のチャンスを狙っていたことについては前回のエントリーを参照。

このエントリーでは、設計の過程での気づき、そして最終的にどのようなプログラムを作ったかをまとめています。

続きを読む "グロービスDAY2.5 勉強会振り返り「設計」02 (プログラムFLASH形式あり)" »

グロービスDAY2.5 勉強会振り返り「設計」01

2月5日(土)、麹町のグロービス 自習室にて勉強会を行いました。
「勉強会の設計」、「勉強会の実施」、「勉強会の振り返り」と分けて、そのプロセスを振り返ります。

まずは、勉強会の基点となる「設計」について振り返ります。

職場ではなかなかできなかった「研修」について設計の経験をできたことは、大きな挑戦であり、苦しみでありました。
一冊のテキストをよりどころとしてどうにかこうにか設計するプロセスは、月並みではあるけれど「読むことと実践することは違う」という壁を改めてかんじるものでした。その壁とは、経験不足による難しさであり、葛藤でした。
しかしそれだけに知的好奇心はビンビンと刺激されました。1週間かけて設計をしましたが、とても充実した日々でした。

続きを読む "グロービスDAY2.5 勉強会振り返り「設計」01" »

2011年1月29日 (土)

グロービス振り返り:DAY2

グロービス『リーダーシップと人材マネジメント基礎』のDAY2を終えました。

今回のテーマは「モチベーション」と「キャリア」。
それぞれが、マネジャーの仕事の一つ「パフォーマンスの達成」にどのように関与するのか?を内省する機会となりました。

続きを読む "グロービス振り返り:DAY2" »

2011年1月23日 (日)

グロービスの「知覚動考」を学習モデルに置き換えると

グロービス『リーダーシップと人材マネジメント基礎』初日のDAY1にて、先生はひとつのキーワードを示した。

「知覚動考」。
すなわち、知って・覚えて・動いてから・考えるというサイクルモデルだ。大変直感的でわかりやすい。
でも、これまで人材育成を実践と理論から学んできた僕は、これを学習モデルを元に説明を試みたい。

続きを読む "グロービスの「知覚動考」を学習モデルに置き換えると" »

2011年1月16日 (日)

グロービス振り返り:DAY1

グロービス『リーダーシップと人材マネジメント基礎』のDAY1を終えました。
これまでの独学と異なり、同じ志を持つ人と(コレ重要!)との意見交換を行う学びの場は、知的好奇心ビンビンでした。
クラスメイトが30人以上もいて、せっかく自己紹介したのに早くも半分以上名前と顔が一致していないけれど・・・せめて授業内容は振り返りたい!

ということで、僕の感じたことをまとめました。

続きを読む "グロービス振り返り:DAY1" »

プロフィール

  • こんにちは。

    僕はコールセンターでオペレーション部門のマネジャーだった元サラリーマンです。2013年より上海で中医学を学んでいます。
    →2019年の医師試験に奇跡的に合格、晴れて中医師に!
    →就職活動を始めるも、中国ビザ規定では「経験2年以上でないとダメ」、新卒じゃダメじゃん
    →ある外資系クリニックに事務系何でも屋として拾ってもらう(いまココ)

    ⇒プロフィール詳細はこちら ⇒↓よりもっと過去のエントリーはこちら
無料ブログはココログ