カテゴリー「03 中国語の学び」の11件の投稿

2013年5月30日 (木)

Flashcards Deluxeを使って中国語の単語を覚えまくる(3)SRSについて

1365332808912.jpg 1365332810256.jpg

今回のエントリーでは、Flashcards DeluxeとSRSについて簡単にまとめています。

続きを読む "Flashcards Deluxeを使って中国語の単語を覚えまくる(3)SRSについて" »

2013年5月13日 (月)

僕のHSK6級対策のまとめ【結果追記】

2012年10月にHSK5級を受験した後、6級の準備を進めてきた。
そして2013年5月、HSK6級を受験した。
(HSK5級受験当日の様子はコチラ

正直なところ、自信は十分についていなかった。
しかしその年の7月の奨学金申請のためにHSK6級の成績証が必要なため、タイムリミットが迫っていたのだった(HSK6級210点超えで10,000元の奨学金が出る)。
ちなみに大学入学も7月申請なのだけれど、こちらは条件が「HSK4級合格」なので2011年春時点で既にクリアしている。

今回のエントリーではHSK6級のためにどのような準備をしてきたかをまとめています。

構成は以下のとおり。

■ 対策の概要
■ HSK6級の水準ってどんなもの?
■ 学習開始時点でのスキル分析
■ 学びのリズム
■ 全体の流れ
■ 振り返り

続きを読む "僕のHSK6級対策のまとめ【結果追記】" »

2013年4月20日 (土)

Flashcards Deluxeを使って中国語の単語を覚えまくる(2)リストを作ってiPhoneにアップロードする

1365332808912.jpg 1365332810256.jpg

今回のエントリーでは上記のようなカードを表示する環境作りについてまとめています。

最終的にiPhone上に上記画面を表示させるためには以下の手順をたどることになります。

1)リストを作成する
2)リストをアップロードする
3)リストをiPhone上にダウンロードする

それぞれについて細かく説明します。

【追記あり】
ピンインの入力について補足。フリーエディタ『』を用いて声調記号付きピンインを自動作成します。

続きを読む "Flashcards Deluxeを使って中国語の単語を覚えまくる(2)リストを作ってiPhoneにアップロードする" »

2013年4月 7日 (日)

Flashcards Deluxeを使って中国語の単語を覚えまくる(1)なぜフラッシュカードなのか

1365332808912.jpg 1365332810256.jpg

iPhoneを使用して上記のようなカードを作成して、スキマ時間を利用して暗記しまくっています。

エントリーを2つに分けて投稿します。

まずは、そもそもどうしてフラッシュカードを用いるのか?
そして次のエントリーではまたカードを用意する方法についてまとめてます。

続きを読む "Flashcards Deluxeを使って中国語の単語を覚えまくる(1)なぜフラッシュカードなのか" »

2013年1月 2日 (水)

ネイティブスピーカーをパートナーに持っても「適切な」語学向上を保障するわけではない

僕のヨメは台湾人です。
台湾で一般的に使われる言語は北京語(普通話)なので、語学習得の王道といわれる「ネイティブスピーカーをヨメ(彼女)にする」を実現していることになります。

しかし、ネイティブスピーカーをパートナーに持つことは、語学習得への大きなステップアップを期待できるけれど、ステップアップを約束するものではありません。
それどころか、適切にのぞまなければ、ステップアップを果たせない、あるいは誤った方向に突き進んでしまう・・・というお話。

続きを読む "ネイティブスピーカーをパートナーに持っても「適切な」語学向上を保障するわけではない" »

2012年12月16日 (日)

K/Hシステムと中国語学習 その2中国語で勉強した感想と成果

英語の同時通訳の訓練方法をベースに開発された学習法『K/Hシステム』。
「知っているはずの英語が聞き取れない」に応える学習法として展開されています。
まさに「知っているはずの中国語が聞き取れない」に悩んでいた僕は、この学習法を中国語独学に転用したのでした。

前回のエントリーでは『K/Hシステム』の概要について紹介しました。
今回のエントリーでは、実際に中国語で勉強した感想とその成果についてまとめています。

続きを読む "K/Hシステムと中国語学習 その2中国語で勉強した感想と成果" »

2012年12月15日 (土)

K/Hシステムと中国語学習 その1『K/Hシステム』って何?

大学付属の語学学校のほかにも自宅で独学を行っています。
そのひとつが『K/Hシステム』という学習法です。一番の弱点と認識しているリスニングを強化する目的で採用しています。

『K/Hシステム』では「サイクル」という単位で学習を進めるのですが、最近ひとつのサイクルを終えたので自分の整理もかねてまとめを作成しました。

まずは『K/Hシステム』とはなにか?について。
そして別エントリーで実際に『K/Hシステム』を使って中国語を学習した経過をまとめます。

続きを読む "K/Hシステムと中国語学習 その1『K/Hシステム』って何?" »

2012年11月22日 (木)

HSK5級合格しました! ・・・と、『言語の学習、ゴールのないゲーム』 (Lang-8転載)

10月21日に受験したHSK5級にめでたく合格することができました。

6月に日本でHSK4級を受験したのですが、4ヶ月でランクを上げられたのは悪くないですね。

きっと大学での日々の特訓・・・とくにリスニング機会の増加が大きく寄与していると思います。
自宅での独学もとくにリスニングに意識して学習を進めてきたのもいい影響を与えたようで、なんとリスニングパートがもっとも高得点という結果になりました。
英語(TOEIC)も中国語も文法部分で点を稼ぐスタイルだったのに?

今回のエントリーは、そんなことにも触れながらLang-8向けに書いた中国語作文を和訳したものを掲載しています。


続きを読む "HSK5級合格しました! ・・・と、『言語の学習、ゴールのないゲーム』 (Lang-8転載)" »

2012年10月28日 (日)

「中国語お上手ですね」で満足してらんない

中国に来てから「中国語がお上手ですね」といわれる機会があります。
日本での勉強が功を奏したのかもしれません。それでも、でもそのことにあぐらをかいてはいられません。
そこでいわれる「お上手ですね」は大学での中国語を用いての学びを楽観視させるものではなく、そしてそもそもホントに上手かどうかは怪しいものなのです。

続きを読む "「中国語お上手ですね」で満足してらんない" »

2012年10月22日 (月)

HSKオンライン受験

10月21日(日)、上海中医薬大学でHSK5級をオンライン受験してきました。
日本ではペーパーテストしかないのですが、さすが本場中国?便利なシステムがあります。

そんなオンライン受験をさらりと紹介します。

続きを読む "HSKオンライン受験" »

より以前の記事一覧

プロフィール

  • こんにちは。

    僕はコールセンターでオペレーション部門のマネジャーだった元サラリーマンです。2013年より上海で中医学を学んでいます。
    →2019年の医師試験に奇跡的に合格、晴れて中医師に!
    →就職活動を始めるも、中国ビザ規定では「経験2年以上でないとダメ」、新卒じゃダメじゃん
    →ある外資系クリニックに事務系何でも屋として拾ってもらう(いまココ)

    ⇒プロフィール詳細はこちら ⇒↓よりもっと過去のエントリーはこちら
無料ブログはココログ