« 上海中医学留学生活 362週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 364週目 »

2019年8月12日 (月)

上海中医学留学生活 363週目

上海での中医学留学生活、363週間目です。

試験がまだ終わってないけど就活のプレスタート

試験がまだ終わってないけど就活のプレスタート。

■ とある外資系病院の場合

ライセンスが取れるかどうかもまだわからないので時期尚早なんだけれど、就活の試運転をしてみた。

ある外資系病院でマーケティング部に勤める知人が帰国するというので、紹介で会いに行ってみた。
本命はドクターなのだけれど、前職の関係でマーケティング方面も兼任で関わることができれば、という目論見。
事前にメールでもその旨を記載して、さて面接当日。・・・だったんだけど、面接を担当してくれたマーケティングディレクターは「え!マーケティングフルタイムじゃないと、困るなぁ」って、えー。しかもレジュメを見てないみたい。豪快だぜ。

ただ話自体は和やかというか友好的というか、「ドクターになりたいのはよくわかったけど、まぁどっちにしてもライセンスが取れてからだよね」「ですよねー」と、今後も連絡を取り続けることをお互い約束して終了。

■ とある現地クリニックの場合

こちらは僕の大学のOG(60歳ちかい女性)が院長を務めるクリニック。
実質的に彼女一人で患者を診ているそうで、若い人材が欲しいのだそう。「私は患者を治せるんだけど、私の腰痛を治してくれる人はいないのよ」と笑う。
「最初は勉強の立場で来るだろうから、お給与は安くなりますが・・・まぁライセンスが取れてからですよね」「ですよねー」と終了。まぁそうなるよね。試験勉強頑張ろう。

« 上海中医学留学生活 362週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 364週目 »

01 留学生活定期報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上海中医学留学生活 362週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 364週目 »

プロフィール

  • こんにちは。

    僕はコールセンターでオペレーション部門のマネジャーだった元サラリーマンです。2013年より上海で中医学を学んでいます。
    →2019年の医師試験に奇跡的に合格、晴れて中医師に!
    →就職活動を始めるも、中国ビザ規定では「経験2年以上でないとダメ」、新卒じゃダメじゃん
    →ある外資系クリニックに事務系何でも屋として拾ってもらう(いまココ)

    ⇒プロフィール詳細はこちら ⇒↓よりもっと過去のエントリーはこちら
無料ブログはココログ