« 上海中医学留学生活 110週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 112週目 »

2014年10月 6日 (月)

上海中医学留学生活 111週目

上海での中医学留学生活、111週間目です。

国慶節の連休スタート、復習したり大掃除したり・・・。
ある日、挙動不審になったクラスメイトの話。

■ 国慶節の連休スタート

10/1から国慶節の連休がスタートしました。
これは中国の建国記念日を祝うものです。
翌週火曜日、7日まで連休となります。

年末年始同様、街は観光客であふれかえります。
そのため僕たち夫婦は観光に出かけることなくインドアな連休を過ごすのでした。

といっても2週間後に中間テストがあるので、僕は復習をせっせと行いました。
大学の図書館が連休中休みになってしまうので、近所のスタバに行きます。
普段から空いている場所なのだけれど、連休中はもっと空いているので勉強に最適・・・と思ったのだけれど、たまに電話で大声で話す人や、携帯のゲームをイヤホンなしで大音量でプレイする人がいて、ウンザリすることもありました。

■ 自宅の大掃除

復習以外にも自宅の大掃除を。
といっても全ての部屋を掃除するのではなく、「窓」、「ベランダ」と「洗面所兼浴室」に絞って対応。

とくに、これまで窓掃除は新聞紙を使うという「家庭の小ネタ」的アクションをとっていたのだけれど、今回はスクイーザーという秘密兵器を導入。
これがまた気持ちいいくらいにキレイに拭けるのでビックリしてしまいました。

これまで、新聞紙を窓に貼り付けて汚れをうかせ・・・とかやっていた工程が大幅短縮され、とても満足でした。
でも浴室の水垢の付いた窓はこれだけではキレイにできず、これを撃退するのは次回の宿題です。
ベランダのタイル床もしっかりとデッキブラシなどで磨き、とてもさわやかになりました。

■ 散髪も行ってきた

ここのところ中途半端に伸びていた髪の毛も切ってきました。
最近涼しくなってきているので、頭が寒くなりました。
風邪を引かないようにしないと。

美容師さんとの世間話から。

国慶節は、みんな遊びに行ってしまうためヒマなのだそうです。
その美容師さんは休暇をとらず毎日出勤そうで、お疲れ様です。
彼らは休日出勤は適用されず、普段の給与水準と同じ。
なお中国では休日出勤は3倍の給与が手当てされる法律があるのだけれど、それが適応されるかどうかは雇用主によるみたいですね(3倍ですよ、3倍!)。

■ 挙動不審なクラスメイト

グループチャットアプリでの出来事。
ある日、普段あまり発言しないタイ人のクラスメイトが、いきなり活発になりました。

複数のクラスメイトの顔写真(プロフィールに使われている写真)をグループ内に何枚も投稿し、その後コメントを複数投下。
そのコメントは仏教の格言のコピペのようなもので、写真とは脈絡がありません。
というか、そもそも他人のプロフィール写真を投稿する時点でおかしい。

「どうしたの?」
「携帯、誰かに盗まれちゃったんじゃない?」
「本人だと証明してみてよ」と周りのクラスメイト。
当人は「本人だよー」「みんな元気ー」などと答えます。
変です、とても変。

ある別のクラスメイトが「僕は何人か?僕らのクラスはなんという班の名前?」と質問。
当人はしっかりと正解を答えて、どうやらやっぱり本人みたいです。

といっても当人の発言はフラフラとしていて会話が成り立たないので、徐々に他のクラスメイトもグループチャットを離れていきました。
翌日、僕は彼と仲良くしているインドネシアのクラスメイトにアプリを通じて様子を聞いてみました。

インドネシア人クラスメイトは昨日そのタイ人と会ったのだけれど、やっぱり様子がおかしかったのだそう。
別のタイ人クラスメイトにも聞いてみると、やはりよそよそしい態度だったそうです。
「僕の考え方は、みんなと違うから・・・」とか、「僕はどうしたらいいんだろう」などとつぶやいていたよう。
おいおい、ウツかなぁ?

「きっと何かあったみたいなんだよね、でも話したくないみたいなんだ」とインドネシア人クラスメイトがいいます。

タイ人コミュニティは普段から集まって食事会や観光地めぐりをしているのだけれど、翌日彼をつれてグループで出かける予定があるそうです。
それには以前参加を表明しているそうなので、ひとまずは彼が孤立することはなさそうです。
んー、もう少し様子見しようかな?

« 上海中医学留学生活 110週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 112週目 »

01 留学生活定期報告」カテゴリの記事

コメント

5月にコメントしたShimaです。返信ありがとうございます。
バタバタしていたのでコメントに気付きませんでした。
最近タイに引越して英語の勉強をしています。来年中国に本科入学しようか、通信もあるようなので考えていますが、依然情報はありません。お時間があるときで構いませんので、色々教えていただけるとうれしいです。

Shimaさん
またまた返事が遅れてすみません…。

タイに英語ですかぁ、ちょっと前はフィリピンで英語留学!っていうブーム?がありましたが、タイという選択肢もあるんですね。
ちなみにクラスメイトにはタイ人が本当に多いですよ。
マレーシアと並んで二代主流という感じです。
タイに留学中にタイ語も練習しておけば、もし上海に来た時もっと楽しいかもしれませんね。

通信講座についてはよく知らないのですが、個人的には条件が許せばやはり中国で学んだ方がいいのではないかと思います。
日本で学ぶには、また特に通学しないスタイルで学ぶのならば、医療上のバックボーンがないと必要な知識を十分に学びきれないのではないかなぁという印象があります。
また、意外かもしれませんが、上海中医大学では西洋医学をがっつり学びます。
今は正直いろいろな知識が連携できませんが、引き続き中医学を並行して学んで行けば、結果的にはより「良い中医師」になれるのではないかと…思いますというか、期待しています、というか。

あ、英語も不自由なく使えると、これもいいですよ。
英語クラスというのがあって、彼らとの交流も楽しいです。
でも英語で中医を学ぶのは本当に大変そうです。
テキストはやはり多くないし、勉強する時も覚えにくいし。
ネイティブ級の英語スピーカーでない限り、勉強し直しても中国語で留学した方がいいですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海中医学留学生活 111週目:

« 上海中医学留学生活 110週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 112週目 »

プロフィール

  • こんにちは。

    僕はコールセンターでオペレーション部門のマネジャーだった元サラリーマンです。2013年より上海で中医学を学んでいます。
    →2019年の医師試験に奇跡的に合格、晴れて中医師に!
    →就職活動を始めるも、中国ビザ規定では「経験2年以上でないとダメ」、新卒じゃダメじゃん
    →ある外資系クリニックに事務系何でも屋として拾ってもらう(いまココ)

    ⇒プロフィール詳細はこちら ⇒↓よりもっと過去のエントリーはこちら
無料ブログはココログ