« 上海中医学留学生活 33週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 34週目 »

2013年4月20日 (土)

Flashcards Deluxeを使って中国語の単語を覚えまくる(2)リストを作ってiPhoneにアップロードする

1365332808912.jpg 1365332810256.jpg

今回のエントリーでは上記のようなカードを表示する環境作りについてまとめています。

最終的にiPhone上に上記画面を表示させるためには以下の手順をたどることになります。

1)リストを作成する
2)リストをアップロードする
3)リストをiPhone上にダウンロードする

それぞれについて細かく説明します。

【追記あり】
ピンインの入力について補足。フリーエディタ『』を用いて声調記号付きピンインを自動作成します。

■ 1)リストを作成する

「リストを作成する」といいますが、サンプル画像のような装飾(文字の大小、色の変更)を設定するためにはHTMLタグを使用する必要があります。
つまり、以下の2つの作業で構成されています。

・リストを埋める
・HTMLタグで装飾する

また、以下の3項目を反映します。

・オモテ
・ウラ
・カテゴリー(*)

(* カテゴリー:普段表示しない、グルーピングのような機能) の3つの

僕の場合はStarSuiteを用いて作成しています。
テキスト(タブ利用)でも作成できるのですが、HTMLタグを1行1行反映することの煩雑さを避けるために関数を使用するためです。

StarSuiteのサンプルはコチラ。

Flashcard_starssuite01
(ダウンロード FlashcarddexluxList.ods (50.0K))

入力するセルは8セルです。
各セルと対応する情報項目は以下のとおり。

オモテ面
 中国語:Bセル
 ピンイン:Gセル
ウラ面
 日本語訳:Jセル
 中国語同意語:Nセル
 例文1:Rセル
 例文2:Tセル
 例文3:Vセル
カテゴリー名称:Zセル

Aセルをはじめ、それぞれのすき間に灰色でマーキングしたHTMTタグが反映されています。
これはそれぞれの項目を装飾するための情報です。
こちらについては触らずにリストを作成します。

****** ピンインの入力方法 ********

ここでピンインの入力方法について。
中国語では声調記号が非常に重要になります。

これを手入力するのはとても骨が折れるので、以下の工程を経て自動化します。

・中国語を入力する(Bセル)
・中国語エディタ『Pinconv』にコピペする
・エディタメニューアイコンから「convert」をクリック
・拡張メニューの「ピンイン」をクリックする → アルファベットと数字に変換される
・さらに拡張メニューの「声調」をクリックする → 声調記号に変換される
・以上で変換された声調記号付きのピンインをGセルにコピペする

なおピンインの変換はオンラインで行う必要があります。
また、一部意図どおりのピンインにならない場合もあるので(「地」がdiだったりdeだったりする)変換後に軽く確認しましょう。

こんな便利なアプリをフリーで提供していただいている作者の方に感謝!
(ひとつひとつ入力するのは地獄ですよ・・・・)

以上でリストが完成します。

■ 2)リストをアップロードする

続いて上記で作成したリストをiPhoneに取り込みます。
FlashCard Deluxでは様々な方法がありますが、今回はFlashCard Deluxウェブサイトに設けられたアップロードページを利用します。

ウェブサイト
Flashcard_website01

アップロードページ
Flashcard_website02

StarSuiteの右側・・・ABセルから3つ続いたところに青く着色されたデータがあります。
これは先に埋めた情報と、それを装飾するHTMLタグをFlashCard Delux用に適切に連結したデータです。

Flashcard_starssuite02
アップロードに用いるのはこちらのデータ。

Flashcard_starssuite03
このようにグワッと選択して、クリップボードにコピー。


[Flashcard Text]欄にペースト。
そして[Deck Code]に任意の名前を入力します。
こちらはあとでiPhone上の操作に必要なのでしっかり覚えておきます。


Flashcard_website03

そしてUpload Flashcardボタンを押します。
しばらくすると「Flashcards uploaded.」のテキストが表示するので、アップロードはこれでおしまい。

■ 3)リストをFlashCard Delux上にダウンロードする

アップロードしたリストをiPhone上にとりこみます。

作業の流れは以下のスナップショットをご参照。

「+」ボタンを押して・・・
Flashcard_iphone01

「Private Deck」を選択し・・・
Flashcard_iphone02

「Deck Code」を選択し・・・
Flashcard_iphone03

先ほど[Deck Code]に入力したテキストを入力し・・・
Flashcard_iphone04

「Download Cards」を押す。
Flashcard_iphone05

すると進捗を示すバーが現れて、ダウンロードが行われます。

取り込み完了。
Flashcard_iphone06

■ リストの更新方法

なお、リストを更新して新たにiPhone上の情報を更新したい場合は、
・[Deck Code]を前回と同じテキストでアップロードして
・iPhoneの「Edit」の次の画面から「Download / Update」を選択、
・「Replace All Cards」を選択

Flashcard_iphone07

Flashcard_iphone08


以上の操作でリストを新規作成せずに前回のリストを更新できます。
またSpaced Repetiton(*)を行っている場合はその統計記録が継承されるというとても重要な効果もあります。
(*定期的スケジューリングの暗記学習。別エントリーで後述)

以上で取り込みが完了です。

***

次回はSpaced Repetitonについて書きます。
Spaced Repetitonの活用なしでは、ただの暗記カードツールですから・・・。

■ 参考リンク

Flashcards Deluxe アプリ
Flashcards Deluxe 日本語解説サイト (上海からはアクセスできない(涙))
『復習のタイミングを変えるだけで記憶の定着度は4倍になる』 暗記法ほか学習法についてとても参考になる記事がたくさんです

« 上海中医学留学生活 33週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 34週目 »

03 中国語の学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上海中医学留学生活 33週目 | トップページ | 上海中医学留学生活 34週目 »

プロフィール

  • こんにちは。

    僕はコールセンターでオペレーション部門のマネジャーだった元サラリーマンです。2013年より上海で中医学を学んでいます。
    →2019年の医師試験に奇跡的に合格、晴れて中医師に!
    →就職活動を始めるも、中国ビザ規定では「経験2年以上でないとダメ」、新卒じゃダメじゃん
    →ある外資系クリニックに事務系何でも屋として拾ってもらう(いまココ)

    ⇒プロフィール詳細はこちら ⇒↓よりもっと過去のエントリーはこちら
無料ブログはココログ