« いけばな展に行ってきちゃいました | トップページ | 積ん読 2009年5月22日 »

2009年5月19日 (火)

近頃はやりの豚インフルエンザというやつ

先週から調子が悪い。どうやら風邪を引いたよう。
とうとう日本でも豚インフルエンザ感染者が見つかった昨今、風邪に対する世間の目は冷たい。
白黒はっきりつけなければいけない!

ということで、病院にいってきました。


先週の土曜日に浅草の三社祭に行ってからというもの、どうも調子が悪い。
ノドの痛み、鼻水、体がだるい。うーんうーん。
月曜日に会社を早退して病院に行き、薬を処方していただいた。
それをのんで安静にしていると症状は治まってきたものの、新たに発熱(といっても36.8度)と頭痛の症状が出てきたので違う病院に行ってきた。
インフルエンザかどうかもはっきりしたいところだ。

受付の問診表に症状を記入して、「昨日から熱っぽくなってきまして」と伝える。
看護士の目つきが変わる。
「渡航歴はありますか」「近くの方でインフルエンザの方はいますか」と矢継ぎ早に質問が飛ぶ。
どのように対応するか事前にスタッフ間で共有されているんだろうなぁ、と感心。

やがて先生に呼ばれるて、部屋に入る直前に一言。
「インフルの検査、やっとく?グリグリッと」
とても通る声。スッと変わる待合室の空気。集まる視線。先生っ!声大きくない!?

待合室の奥に通されて、移動式のパーティションで壁を作られる。あぁ、隔離されている。
「グリグリ?」先生のなぞの言葉に思いをはせていると、看護士さんがやってきた。
手に見慣れる器具。ひょろりとながい棒の先には綿棒がついている。
「これを鼻に入れて、鼻水をとります」あぁ、グリグリってそういうことですか・・・。

「あごをあげて、口をあけてください。目は・・・閉じたほうがいいかなぁ」
そうですか、じゃぁ目を閉じて・・ぐっ!綿棒挿入!ンガガ!

「両方の穴をやったほうが検査時間が短いんですが・・・片方でいいですか?」
「んがふぐあふふふんぐ(時間が短いだけなら、もちろん片方でいいです)」

まぁ、なんだかんだいって陰性でひと安心でした。

インフルエンザの試験って採血だと思っていたのに、まさか鼻に器具を挿入する方法とは。
何事も経験だなぁ。

« いけばな展に行ってきちゃいました | トップページ | 積ん読 2009年5月22日 »

【日本時代】05.その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近頃はやりの豚インフルエンザというやつ:

« いけばな展に行ってきちゃいました | トップページ | 積ん読 2009年5月22日 »

プロフィール

  • こんにちは。

    僕はコールセンターでオペレーション部門のマネジャーだった元サラリーマンです。2013年より上海で中医学を学んでいます。
    →2019年の医師試験に奇跡的に合格、晴れて中医師に!
    →就職活動を始めるも、中国ビザ規定では「経験2年以上でないとダメ」、新卒じゃダメじゃん
    →ある外資系クリニックに事務系何でも屋として拾ってもらう(いまココ)

    ⇒プロフィール詳細はこちら ⇒↓よりもっと過去のエントリーはこちら
無料ブログはココログ