« 欠点を指摘されたらやっぱり拒絶反応が起きる | トップページ | 「デッドライン」「スピード」だけに目がいきがちだけれど 『早朝会議革命』 »

2009年4月19日 (日)

アップルストアって不親切なとこなんだね

前から興味のあった、銀座のアップルストアに行ってみた。
どんなに素敵なところだろう!とワクワクしていたのだけれど・・・ひどく残念な気持ちになった。失望したといってもいい。


最近iPod nanoが頻繁にフリーズする。
僕が持っているのは第一世代のnanoで1GBしかない。これを機に買い替えを考えているのだ。

しかし。

どのフロアに何があるのかさっぱりわからん。
ディスプレイされる商品たち、何が何なのかさっぱりわからん。

商品説明は小さな文字でチョコチョコっと書かれているだけ。まったく情報が少ない。平易な表現はなく、もともとデジタル用語に親しむ人しか理解できない。そのわりにもともと知っている以上のことは書かれていない。
もちろん、本当は僕だって何が何なのかわかっています。でも、初見の人にはチンプンカンプンに違いないよ。

Tシャツを着た店員が愛想良くニコニコと店中を歩いてはお客の質問に答えている。
全部彼らの口から語らせることでコミュニケーションを生み、親密さをアピールする・・・そういう戦略なのか?

二階に上がるために、エレベータに乗った。・・・あれ?停止ボタンがないぞ?
おじいちゃんが一緒に乗ってきて、停止ボタンを探す。「2」のパネルがあるので押してみる。反応しない。
みんなでキョトンとしていたが、やがてスミに「エレベーターは各階に自動的に停止します」と、すっげぇ小さく書かれていることに気づいた。
そんなのってありかよ。一見さんに与えられた、この屈辱!

まったく、お客に対するユーザービリティが考慮されていない店だった。
これがあのアップルの店なのか?ユーザーに対するポリシーの体現なのか?
最近アップルに関する本を読み、あらためてその偉大さを再認識していたのに。

« 欠点を指摘されたらやっぱり拒絶反応が起きる | トップページ | 「デッドライン」「スピード」だけに目がいきがちだけれど 『早朝会議革命』 »

【日本時代】05.その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップルストアって不親切なとこなんだね:

« 欠点を指摘されたらやっぱり拒絶反応が起きる | トップページ | 「デッドライン」「スピード」だけに目がいきがちだけれど 『早朝会議革命』 »

プロフィール

  • こんにちは。

    僕はコールセンターでオペレーション部門のマネジャーだった元サラリーマンです。2013年より上海で中医学を学んでいます。
    →2019年の医師試験に奇跡的に合格、晴れて中医師に!
    →就職活動を始めるも、中国ビザ規定では「経験2年以上でないとダメ」、新卒じゃダメじゃん
    →ある外資系クリニックに事務系何でも屋として拾ってもらう(いまココ)

    ⇒プロフィール詳細はこちら ⇒↓よりもっと過去のエントリーはこちら
無料ブログはココログ