« 結局世間が求めるのは「ハリウッド大作」なのだ 『覇権の標的』 | トップページ | 第62回富士登山競走 エントリー完了! »

2009年3月29日 (日)

狭い井戸だけではない、外の世界を聞く

九段下の千鳥ヶ淵へ花見へいってきた。
先週はずいぶんと寒い日が続いたが、そのせいで開花のペースが落ちた。
残念ながらまだまだ満喫できるほどの桜ではなかった。

千鳥ヶ淵の桜


花見に参加したのは最近付き合い始めたグループ。
嫁が知り合ったアメリカ人を中心に人脈が広がりつつある。
普段会社を中心に仕事をしているだけでは知り合えない人たちと話を交わす。
そこで交わされるのは日常会話の延長であったり、あるいはそれ以外のテーマだ。

ビジネス。あるいは政治、文化。
僕が人を通じて外部から刺激を受ける機会の少ないこれらのテーマに触れる機会が増えていく。なんてワクワクするんだろう?
アメリカ人から聞くイラク戦争と世界不況に対する気まずさ。スリランカ人から聞く日本のコミックのすばらしさ。本を通じてそういう意見があると知ってはいるけれど、あらためて彼らの口から聞くと「
やっぱりそうなんだー」と感心する。

狭い井戸で精一杯に仕事をする。それももちろん大事だけれど、こういった交友を通じて異なる刺激を受け入れることも大事なんだ。それは井戸の外の世界の話かもしれないけれど、どうにかして井戸の中に影響を与える。

« 結局世間が求めるのは「ハリウッド大作」なのだ 『覇権の標的』 | トップページ | 第62回富士登山競走 エントリー完了! »

【日本時代】05.その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狭い井戸だけではない、外の世界を聞く:

« 結局世間が求めるのは「ハリウッド大作」なのだ 『覇権の標的』 | トップページ | 第62回富士登山競走 エントリー完了! »

プロフィール

  • こんにちは。

    僕はコールセンターでオペレーション部門のマネジャーだった元サラリーマンです。2013年より上海で中医学を学んでいます。
    →2019年の医師試験に奇跡的に合格、晴れて中医師に!
    →就職活動を始めるも、中国ビザ規定では「経験2年以上でないとダメ」、新卒じゃダメじゃん
    →ある外資系クリニックに事務系何でも屋として拾ってもらう(いまココ)

    ⇒プロフィール詳細はこちら ⇒↓よりもっと過去のエントリーはこちら
無料ブログはココログ